龍が如く作品って手元に届くまでが最高に早い。

昨日、スマートフォンアプリの 龍が如くONLINE が配信された。

ryu.sega-online.jp

 

 

さっそくインストールして遊んでみました。

今時のソーシャルゲームのような感じで親しみやすいですが、もう少し今までのありふれたゲームとうまく差別化できる要素があると楽しめるような気がします。キャラゲーにはなって欲しくないなぁ。

 

趣味といえばゲームと即答できるほどゲーム好きなのですが、その中でも龍が如くシリーズは外せません。

特に6が好きでストーリー、操作性、過去作の集大成だなと痛感させられました。

登場人物の成長や、好きだった人物がいなくなって東城会の廃れていく感じ、ストーリーの安定な面白さは無意識に続編を期待しています。

そうしてネットで続編はいつなのか調べると、

早い。

過去作のHD版や極シリーズ、スマホアプリ、続編。

どの作品を遊んでいる時にも次の作品の話がもう発表されていたりします。実はこの間を空けない所が龍が如くの最大の魅了なのでは?と考えたりします。

 

いくら人気作品でも続編が発表されるのには今の作品がある程度おちついてから発表ですし、発売となれば時間が数年と遅くなっていきます。ものによっては直前に延期なんてのもアプリ業界だと日常茶飯事だったりします。

特に恋愛、女の子攻略する会社のとかね+、、

いつになるのやら。

 

そんなゲーム業界ですが、その中でも一定の面白さ満足を得られ、この新作の早さ。龍が如く凄い。東城会どうなるんだろうぁ。

柏木さん好きだったなぁ。

 

 

 

自分の信じるものを信じればいいと思うな。 #NHKニュースウォッチ9 #ASKA

www.fellows.tokyo


 久しぶりの更新になります。

 

番組を視聴後の率直な感想はもうタイトルにもつけた通り、自分の信じるものを信じればいい。です。

 

 

正直番組の感想。というよりASKAさんの振る舞いについて薬物が完全抜けた、という印象(後遺症的なもの)をぬぐい切れたようには思えませんでした。本人も闘いは続いていく、と言っていたように世間が完全復帰したなと思う日はまだまだ遠いように思えます。それにそのような印象を世間に与えることで覚醒剤の危険性や、使用者のその後(ダルク内の映像など)について広まっていくと考えれば表現者としてはそれはそれでありなのでは、なんて思ったり。

 

今回の番組は、ファンがお涙頂戴のサクセスストーリー的展開ではなく現実を、ファンや視聴者がアーティストであり、罪を犯した犯罪者の今を知ることのできるASKAさんからの誠心誠意な対応なのだと解釈しました。

 

ただ、少し気になったのは真向からぶつかり合うファン。言いすぎな視聴者に対して神格化しているものを非難されて怒りを感じるのは理解できない話ではないけど、インタビューを受けたASKAさんの気持ちはどうなるのだろうか。そういった罵声を受ける覚悟はASKAさんにはあったと思う。ファンが試される部分って意外とこういう所だったりするのかもしれない。

 

このくしゃみをすれば吹き飛ぶような過疎ブログに来ていただけたファンの方なら神格化していないと思いたい。

好きなものを崇めるだけの応援はその崇める対象が世間からどう思われてしまうのか。

 

 

先日、シンフォニックコンサートに足を運びました。

歌声は力強く。二回ほど涙を流しました。

とても嬉しいことでした。基本的に泣かない人ですが、色々な事が起きた中でも、自分の心の中に響くアーティストなのは変わらない事が確かめられただけでコンサートに訪れた甲斐がありました。

 

報道の仕方がどうだ

薬をやったやつが戻ってくるな

この顔はまだ依存してる

 

色々言われて不安を感じることもありますが、先日のコンサートで確かめられた確証を信じている間は応援したいと思います。

 

 

それでいいんだ今は

それでいいんだ今は

  • provided courtesy of iTunes

 

三國無双の熱、未だ冷めず。

 

nanasan773.hatenablog.com

 

昨日の更新した謎の熱量が冷めやらず今回も三國無双シリーズについて熱く語っていきます。

 

今振り返るとそんなに無双している感、つまり爽快感には欠ける作品だと思う。 だが全体的に暗い重苦しい戦場感や呂布の鬼強い感じなど当時の無双は今のように単騎で敵陣に突っ込んでいくのではなく友軍と合流して戦うイメージである。(よく怒られる、味方と合流しろ!自重せよ!など当時はうるさいと思うがそれがまた懐かしい。)

また、撃破時に毎回武将が死ぬカットが入るが長いので飛ばしてしまう、あるある。

真・三國無双2

真・三國無双2

 

 

  • 段々とOPがアクション映画のようななまらかっこよい演出になる ※本編にそんな動きはない 

  真・三國無双4

同じ武器でも重さという概念があり、攻撃モーションは遅くなるが攻撃力が増す要素や、仕官してくる護衛武将厳選などの新要素が追加された。R3ボタンの覚醒状態が何よりもかっこいい。

 

真・三國無双4

真・三國無双4

 

 

ナンバリングタイトルで8よりも残念作だった三國無双5

PS3初の三國無双ということで高画質で4までのマンネリシステムも変わってどうなるかと思ってましたが、、

戦闘してないと時間経過で攻撃モーションが減るのが何よりも納得いきませんでした。

今までのレベルを上げて攻撃モーション増やしたり

武器のレア度によって攻撃回数増えるのに慣れきっていたため、操作に違和感が感じずにはいれませんでした

それと、過去作に登場したキャラクターが消されたのは100不満になるのではないのかなと思います。

 

真・三國無双5(通常版) - PS3

真・三國無双5(通常版) - PS3

 

 

本作はより武将毎に濃い演出やムービーなどを取り入れて感情を引き込ませようとしている印象でした。

見事にやられてしまって過去作の中で上位に好きです。特に樊城の関羽悪来の死に際など。台詞を覚えているぐらい好きです(笑)

今までの勢力に加えて晋(司馬懿)の勢力が加えられ三国志の歴史をより理解できるようになりました。また、2種類の武器を切り替えて戦闘ができるようになり戦闘の飽きっぽさを解消してくれました。

 

 

真・三國無双6(通常版) - PS3

真・三國無双6(通常版) - PS3

 

 

  • もしあの武将がこの時代に生きていたら?

  真・三國無双7

本作のストーリーモードにはIFルートという要素があり、もし樊城で関羽が生きていたら?もし周瑜合肥に参戦していたら。自分の戦場での行いでどんなルートがあるのか隅々までモチベーションの高いまま遊ぶことができました。

また将星モードという要素があり、ストーリーでは終わらせられない中華を統一することができるモードがストーリーを終わらせた後も満足できるボリューム感に繋がったのだと思います。

 

 

真・三國無双7(通常版) - PS3

真・三國無双7(通常版) - PS3

 

 

 

  • 作品全体を通して

やはり最新作、三國無双8は5のように不十分な所が多かった点や、前作までの評判が良かったところでの落差がレビューサイトでの酷評に繋がってきているような気がします。

また、英傑伝など失敗が続いている所をみると今後が少し不安にもなりますがKOEIの挑戦していく姿勢に引き続き応援していきたいと思います。

 

 

真・三國無双8 - PS4

真・三國無双8 - PS4

 

 

  • 無双OROCHI3が発売されるそうです!

www.gamecity.ne.jp

真・三國無双8 が大好きだからこそ思いのままを話す。

正直、作品の感想をひとことにまとめると。

「フン、雑魚が。」

と言いたくなるファンが多く、好き嫌いが分かれる作品となった。 

 

 

だが私は、好きなゲームシリーズと聞かれれば三國無双

と答える程愛のある作品なのでありのままをつらつらと書いていく。

 

  ユーザーも期待値を上げすぎた。

 戦場が場所により変化し、視界にとらえている全てを思いのままに駆け巡れる!とはいったものの中味のスカスカ感が否めません。移動による楽しみがあればよいのですが景色は何度見ても、、というかほとんど山です(笑)

最初の方は来た道を行ったり来たり。え、これ遠足なのか? と言いたくなるぐらいに移動が基本。

 

味方と共に敵をどんどん追い込んでいく、逆に追い込まれていく。追い込まれても敵をなぎ倒していく爽快感が三國無双の醍醐味。長期移動して戦って長期移動して戦って。これが本来の戦場だと言われればおしまいですが爽快感という観点で考えると、従来の狭いマップを暴れまわるほうが楽しめると思います。もう本作を根底から否定してしまいましたが、、これが従来とは比にならないボリュームならオープンワールドの意味があったように思います。

 

  • みんなと戦っている感が全くない

爽快感だけでなく味方武将とともに進軍していきその合戦の一人として活躍できるのが魅力の一つだと思います。

本作も任務をこなせば味方は進軍しますが劉備殿のような君主でも基本徒歩なので、赤兎馬の僕とは当然歩幅も合いません。次の拠点占拠するまでに味方とともに援軍のように来てくれるならよいのですがオープンワールド故まぁ結局単騎で行くことになります。

過去作では城門を超える為に色々手順がありましたがR1ボタンで基本どこでも登れて侵入できてしまいます。ほとんど味方いらずです。

 

  • ファストトラベルあるよ?チラッ

オープンワールドといえばファストトラベル。敵本陣までの綺麗な導線があればそんな機能使用しないのですが、水の中まで馬で移動するくらいならと思ってファストトラベルを使用した。流石便利ファストトラベル。

一度行った場所へは大体行けます。行けますが、もはや武将倒して瞬間移動して、拠点落として瞬間移動して、、

過去作のように条件をクリアしないと本陣に入れず大将倒せないという事がありません。また、任務をクリアしていけば敵将のレベルを落とせるので倒しやすくなる。といったものの戦闘では回復薬をその場で使用できる為、遠回りせず回復薬積んでいけば難易度もくそもありません。赤壁も数分で終わらることができてしまうのです。せめてエリア内では回復アイテム使用禁止などにしておくべきだったと思います。

 

  • 勢力別ストーリーにするべきだった

本作は登場人物が多くなったこともありキャラクターの一生を描いたストーリーになっています。

一生を描くといったもののエンディングがその人のムービーが用意されているだけで基本的には共通のイベントが流れますし同じ勢力の戦場に行きます。以前の三國無双2、関羽千里行のようなキャラクター限定のステージやギミックがあるとよいなと思います。

 

  • 細かい不満が多い

処理落ちで突然柵が、、!!

大戦中に家に招きいれるのかな?

釣りはせんやろう、、、

武器の切り替え(気絶、転倒、打ち上げ、、)そんなに使わなかったなぁ、、

フォトモード、、、うーん、、

 

どうしても緊張感に欠ける場面が多く残念でした。

 

 

 

ここまでは否定的な意見ですが本作の良い所を挙げていきます。

 

  •  武将の歴史がわかる

過去作などは黄巾の乱→汜水関→虎牢関、と間にナレーションで局所的な歴史背景しか理解できませんでしたが、キャラクターをエンディングまで固定で使用する為、この武将がどのような人生を送るのか理解しやすく歴史好きな私には勉強になりました。

 

  • 個々に用意されたエンディングムービー

毎回の作品毎に登場キャラクターが増えている三國無双

夏候惇が片目を失ったり、関羽が樊城で負けたり、虎牢関で呂布が強かったり、昔から登場しているキャラクターの魅力は知っています。

ですが、今までモブ武将だったやつがいきなり美男美女になって殿ーー!!と言われてもお前最近まで数回斬られておしまいのお前に感情も魅力もないだろ!!

と思っていましたがムービーによる感情の起伏などそれぞれの魅力の伝え方はしっかり考えられていたと思います。

 

  • 過去作よりもリアルな戦場

マップの広大さもさることながら過去作の非現実的な武器(船のような形、空中に浮いた剣)などを廃止、ぶっ飛んだ攻撃モーションなどが少なくなったのもより戦場感があって良いと思います(だからこそ大戦中に釣りはやらんて、、)

 

 

好きなものだからこその熱い想いを長々と書かせていただきました。

今までにない作品パターンでユーザーの期待もある中、

処理の心配など色々声が上がっていましたし発売されてからのユーザーの満足度も考えるともう少し作りこんでから(発売延期)でもよかったのかもしれませんね。

 

 

真・三國無双8 - PS4

真・三國無双8 - PS4

 

 

 

今季、花粉、抑止、成功。

年々花粉症が酷くなっていく一方で

くしゃみを朝にしたならば、

連続で5回はくだりません。

 

5回も連続でくしゃみをすると喉をやります。

鼻をかむと目が痒くなります。

目を少しでもこすってしまうと鼻が痒くなります。

5回、、、、以下略。

 

そんな中、今季は花粉症を少し抑えることができました。

 

IHADA 資生堂

 

Twitterでも話題になっていましたが試しに購入してみました!

自宅を出発する前にサッと吹きかけるとほんのりとアルコール臭が。

適度な清涼感のまま外へ

鼻がむずっとならない!!

 

4時間ほど効果があり、化粧している上からでも使用できるそうです。

ある程度使用した感じですが、鼻が痒くなる前での使用は効果抜群ですので外に出る前、効果が薄くなっていく前での使用をオススメします。

 

 

 

ヴァセリン 

 

普段は乾燥防止、炎症を抑える時に使用していたのですが、これを鼻の周りや瞼の上などに塗りたくると花粉をキャッチして花粉症を抑えられます。ただ、塗りたくってしまうとてかりが気になってしまいますので薄く延ばして使用しています。

 

 

ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368g [並行輸入品]

ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368g [並行輸入品]

 

 

 

完全勝利とはいかないものの、、、

正直この商品だけで完全勝利とはならないのが花粉症の手ごわさです。

強風、前日との気温差。そんなことでも大きく変化します。また、一度くしゃみしたら連続で出るのが花粉症の真骨頂です。

いかに一回目のくしゃみを発動させない為に私は、IHADA、ヴァセリン、マスク、目薬、眼鏡など徹底しています。

今季の花粉症も頑張って乗り越えていきましょう(´_ゝ`)

最近、食べ物に関する番組が明らかに需要が高まっている。

最近録画番組をまとめて視聴することが楽しみなのですが、バラエティー全般の中ひそかにブームになっているジャンルがありました。その中でいくつか紹介していきます。

 

 

孤独のグルメ

 

 

来月はseason7が開始されます。松重豊さんの落ち着いた雰囲気と深夜の空腹感で中毒性の高い深夜の大人気番組です。普段昼食など冒険しないでチェーン店の利用が多い私にとっては大人な世界に踏み込みたくなるきっかけになっています!

 

ワカコ酒

 

 

孤独のグルメの主人公女性版という表現が一番近いかもしれません。タイトル通り毎回お酒を飲む主人公ですが、一人でお店や自宅で飲むときにながらで楽しめるちょうどよいボリュームです。

 

ラーメン大好き小泉さん

 

 

 ラーメンがとにかく大好きな小泉さん。

ええ、タイトルのままです。

ラーメン大好きなのでとにかく勢いよく食べる小泉さんをみて何度昼食をラーメンにしたことか。。。

野郎系ラーメンのお店電話番号には86が入っているとか。普段気にしたことない情報を知ると少し得した気分になりますね。

汁もがっつりいただいている小泉、塩分とか大丈夫なのでしょうか、高校生最強ですね。

 

たくのみ

 

たくのみ。Blu-ray上巻
 

 シェアハウスで過ごす四人の女性がお酒についてお話をするコメディーです。

エビスビールのおじさんの絵に鯛が入っているレアな絵柄がある。美味しいビールの注ぎ方、氷結を開けた時にダイアモンドのような加工がされている理由など。

小ネタとして持っておくと会話が盛り上がること間違いないですね!

 

 

 

人が食事をしているシーンや単純にお酒が好きな人など、この手の番組が最近多くなってきているのには明らかに需要が高まっていますし、この手のものが好きなフェチの方も多いですし今後も増えていきそうですね。

 

 

 最近嵌っているお酒です。飲みやすくてよきです。

219

 

nanasan773.hatenablog.com

 

元々続けられない性格で毎日更新されている方は本当に凄いと思います。100尊敬です、、

 

最後の記事から219日も経過していたんですね。

久しぶりの更新ってどんなテンションで更新するのか困りますね(´・ω・)

 

もう四月ですね。