真・三國無双8 が大好きだからこそ思いのままを話す。

正直、作品の感想をひとことにまとめると。

「フン、雑魚が。」

と言いたくなるファンが多く、好き嫌いが分かれる作品となった。 

 

 

だが私は、好きなゲームシリーズと聞かれれば三國無双

と答える程愛のある作品なのでありのままをつらつらと書いていく。

 

  ユーザーも期待値を上げすぎた。

 戦場が場所により変化し、視界にとらえている全てを思いのままに駆け巡れる!とはいったものの中味のスカスカ感が否めません。移動による楽しみがあればよいのですが景色は何度見ても、、というかほとんど山です(笑)

最初の方は来た道を行ったり来たり。え、これ遠足なのか? と言いたくなるぐらいに移動が基本。

 

味方と共に敵をどんどん追い込んでいく、逆に追い込まれていく。追い込まれても敵をなぎ倒していく爽快感が三國無双の醍醐味。長期移動して戦って長期移動して戦って。これが本来の戦場だと言われればおしまいですが爽快感という観点で考えると、従来の狭いマップを暴れまわるほうが楽しめると思います。もう本作を根底から否定してしまいましたが、、これが従来とは比にならないボリュームならオープンワールドの意味があったように思います。

 

  • みんなと戦っている感が全くない

爽快感だけでなく味方武将とともに進軍していきその合戦の一人として活躍できるのが魅力の一つだと思います。

本作も任務をこなせば味方は進軍しますが劉備殿のような君主でも基本徒歩なので、赤兎馬の僕とは当然歩幅も合いません。次の拠点占拠するまでに味方とともに援軍のように来てくれるならよいのですがオープンワールド故まぁ結局単騎で行くことになります。

過去作では城門を超える為に色々手順がありましたがR1ボタンで基本どこでも登れて侵入できてしまいます。ほとんど味方いらずです。

 

  • ファストトラベルあるよ?チラッ

オープンワールドといえばファストトラベル。敵本陣までの綺麗な導線があればそんな機能使用しないのですが、水の中まで馬で移動するくらいならと思ってファストトラベルを使用した。流石便利ファストトラベル。

一度行った場所へは大体行けます。行けますが、もはや武将倒して瞬間移動して、拠点落として瞬間移動して、、

過去作のように条件をクリアしないと本陣に入れず大将倒せないという事がありません。また、任務をクリアしていけば敵将のレベルを落とせるので倒しやすくなる。といったものの戦闘では回復薬をその場で使用できる為、遠回りせず回復薬積んでいけば難易度もくそもありません。赤壁も数分で終わらることができてしまうのです。せめてエリア内では回復アイテム使用禁止などにしておくべきだったと思います。

 

  • 勢力別ストーリーにするべきだった

本作は登場人物が多くなったこともありキャラクターの一生を描いたストーリーになっています。

一生を描くといったもののエンディングがその人のムービーが用意されているだけで基本的には共通のイベントが流れますし同じ勢力の戦場に行きます。以前の三國無双2、関羽千里行のようなキャラクター限定のステージやギミックがあるとよいなと思います。

 

  • 細かい不満が多い

処理落ちで突然柵が、、!!

大戦中に家に招きいれるのかな?

釣りはせんやろう、、、

武器の切り替え(気絶、転倒、打ち上げ、、)そんなに使わなかったなぁ、、

フォトモード、、、うーん、、

 

どうしても緊張感に欠ける場面が多く残念でした。

 

 

 

ここまでは否定的な意見ですが本作の良い所を挙げていきます。

 

  •  武将の歴史がわかる

過去作などは黄巾の乱→汜水関→虎牢関、と間にナレーションで局所的な歴史背景しか理解できませんでしたが、キャラクターをエンディングまで固定で使用する為、この武将がどのような人生を送るのか理解しやすく歴史好きな私には勉強になりました。

 

  • 個々に用意されたエンディングムービー

毎回の作品毎に登場キャラクターが増えている三國無双

夏候惇が片目を失ったり、関羽が樊城で負けたり、虎牢関で呂布が強かったり、昔から登場しているキャラクターの魅力は知っています。

ですが、今までモブ武将だったやつがいきなり美男美女になって殿ーー!!と言われてもお前最近まで数回斬られておしまいのお前に感情も魅力もないだろ!!

と思っていましたがムービーによる感情の起伏などそれぞれの魅力の伝え方はしっかり考えられていたと思います。

 

  • 過去作よりもリアルな戦場

マップの広大さもさることながら過去作の非現実的な武器(船のような形、空中に浮いた剣)などを廃止、ぶっ飛んだ攻撃モーションなどが少なくなったのもより戦場感があって良いと思います(だからこそ大戦中に釣りはやらんて、、)

 

 

好きなものだからこその熱い想いを長々と書かせていただきました。

今までにない作品パターンでユーザーの期待もある中、

処理の心配など色々声が上がっていましたし発売されてからのユーザーの満足度も考えるともう少し作りこんでから(発売延期)でもよかったのかもしれませんね。

 

 

真・三國無双8 - PS4

真・三國無双8 - PS4