三國無双の熱、未だ冷めず。

 

nanasan773.hatenablog.com

 

昨日の更新した謎の熱量が冷めやらず今回も三國無双シリーズについて熱く語っていきます。

 

今振り返るとそんなに無双している感、つまり爽快感には欠ける作品だと思う。 だが全体的に暗い重苦しい戦場感や呂布の鬼強い感じなど当時の無双は今のように単騎で敵陣に突っ込んでいくのではなく友軍と合流して戦うイメージである。(よく怒られる、味方と合流しろ!自重せよ!など当時はうるさいと思うがそれがまた懐かしい。)

また、撃破時に毎回武将が死ぬカットが入るが長いので飛ばしてしまう、あるある。

真・三國無双2

真・三國無双2

 

 

  • 段々とOPがアクション映画のようななまらかっこよい演出になる ※本編にそんな動きはない 

  真・三國無双4

同じ武器でも重さという概念があり、攻撃モーションは遅くなるが攻撃力が増す要素や、仕官してくる護衛武将厳選などの新要素が追加された。R3ボタンの覚醒状態が何よりもかっこいい。

 

真・三國無双4

真・三國無双4

 

 

ナンバリングタイトルで8よりも残念作だった三國無双5

PS3初の三國無双ということで高画質で4までのマンネリシステムも変わってどうなるかと思ってましたが、、

戦闘してないと時間経過で攻撃モーションが減るのが何よりも納得いきませんでした。

今までのレベルを上げて攻撃モーション増やしたり

武器のレア度によって攻撃回数増えるのに慣れきっていたため、操作に違和感が感じずにはいれませんでした

それと、過去作に登場したキャラクターが消されたのは100不満になるのではないのかなと思います。

 

真・三國無双5(通常版) - PS3

真・三國無双5(通常版) - PS3

 

 

本作はより武将毎に濃い演出やムービーなどを取り入れて感情を引き込ませようとしている印象でした。

見事にやられてしまって過去作の中で上位に好きです。特に樊城の関羽悪来の死に際など。台詞を覚えているぐらい好きです(笑)

今までの勢力に加えて晋(司馬懿)の勢力が加えられ三国志の歴史をより理解できるようになりました。また、2種類の武器を切り替えて戦闘ができるようになり戦闘の飽きっぽさを解消してくれました。

 

 

真・三國無双6(通常版) - PS3

真・三國無双6(通常版) - PS3

 

 

  • もしあの武将がこの時代に生きていたら?

  真・三國無双7

本作のストーリーモードにはIFルートという要素があり、もし樊城で関羽が生きていたら?もし周瑜合肥に参戦していたら。自分の戦場での行いでどんなルートがあるのか隅々までモチベーションの高いまま遊ぶことができました。

また将星モードという要素があり、ストーリーでは終わらせられない中華を統一することができるモードがストーリーを終わらせた後も満足できるボリューム感に繋がったのだと思います。

 

 

真・三國無双7(通常版) - PS3

真・三國無双7(通常版) - PS3

 

 

 

  • 作品全体を通して

やはり最新作、三國無双8は5のように不十分な所が多かった点や、前作までの評判が良かったところでの落差がレビューサイトでの酷評に繋がってきているような気がします。

また、英傑伝など失敗が続いている所をみると今後が少し不安にもなりますがKOEIの挑戦していく姿勢に引き続き応援していきたいと思います。

 

 

真・三國無双8 - PS4

真・三國無双8 - PS4

 

 

  • 無双OROCHI3が発売されるそうです!

www.gamecity.ne.jp